未分類

労働保険料申告書【訂正方法・様式のダウンロードエクセル版・記入ミス・記入例2020】

労働保険料申告書【訂正方法・様式のダウンロードエクセル版・記入ミス・記入例2020】

労働保険とは、一定の条件を満たす労働者を雇う企業が、加入しなければならない保険です。

 

労働保険料申告書を申告しても、毎年更新します。

 

算定基礎賃金集計表のエクセルフォーマットに入力するだけで、申告書が出来上がるツールも出ています。

 

とはいうものの、これだけではまだ労働保険料申告書についてわからないでしょう。

 

ここで労働保険料申告書について、わかりやすく説明してきます。

 

労働保険料申告書とは

 

簡単にいえば、労災保険と雇用保険の保険料を納付するために必要な書類です。

 

労働保険は、社員が業務中に事故に遭い、ケガや病気をした場合に会社が全額補償する制度です。

 

雇用保険は、会社と社員それぞれが負担します。

 

社員が退職した後、次の転職先が見つかるまで失業保険が給付されます。

 

その失業保険のために、企業と社員の両社が一定の金額を払っているのです。

 

労働保険料申告書の申告期限

 

労働保険料申告書を申告するには、期限に間に合わせる必要があります。

 

6月から7月前半までに毎年提出期限が設定されています。

 

納付する時は、労働保険料申告書と一緒に納付書もついています。

これは切り離さず、2枚セットで提出するのです。

 

労働保険料申告書の様式のダウンロードエクセル版はどこ?

 

労働保険料申告書を提出したくても、専用の用紙がどこだかわからないですね。

 

労働保険料申告書の様式のダウンロードエクセル版があります。

 

厚生労働省のホームページから、労働保険料申告書に必要な用紙を印刷できるでしょう。

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/yousiki.html

 

労働保険料申告書の記入例2020

 

労働保険料申告書の記入例を見ながら書けば、記入ミスを防げそうですね。

厚生労働省では、分かりやすい記入例を出しています。

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/senpaku/04.html

 

上記には、書く時のポイントや記載例が掲載されています。

 

労働保険料申告書の訂正方法

 

記入ミスした時は、訂正が必要ですね。

 

労働保険料申告書をミスした場合はどうすればいいでしょうか。

提出した後、記入ミスを発見した場合、焦りますね。

 

後から訂正ミスできるでしょうか。

 

結論からいえば、年度内の訂正ならできます。

 

所轄の労働基準監督署や労働局に問い合わせれば、修正申告ができます。

納付した保険料が少なければ追納できますし、多すぎたなら還付が受けられます。

 

保険料の記入ミスは重大なので、早めに気づき、修正できるのが一番です。

記入ミスを放置していると、修正ができずその金額で決まってしまいます。

 

今年度における概算保険料だけに記入ミスがあったなら、差額を確認します。

 

さほど大きな金額の間違いじゃなければ、年度更新で自動的に調整されます。

したがって、修正申告は必須ではないのです。

労働保険料申告書には更新手続きが必要

 

最初にチラッとご説明しましたが、労働保険は毎年更新されます。

 

翌年の保険料を概算で納付し、年末に賃金の総額が決定してから精算します。

 

会社は前年度の保険料を概算するため、確定保険料の申告と納付をします。

少しややこしいですが、新年度の概算保険料を納付する申告、納付は同時にすることになります。

これが年度更新の手続きです。

 

-未分類

Copyright© キッズ携帯・キッズスマホ・ジュニアスマホの比較『3人の子育て中ママの辛口ブログ』 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.