【キッズスマホ(ジュニアスマホ)】小学校低学年におすすめは「トーンモバイル(TONE)」

子供向けキッズスマホをご検討中の方へ

当サイトでは格安スマホに関する相談や質問を無料で受付中です。

お金は一切いただいておりませのでご安心ください。

blogcontact0416☆gmail.com(☆⇒@に変更ください)

24時間以内に返信致します。

キッズ携帯、キッズスマホ、ジュニアスマホ、格安SIMのプロにお任せください。

ネットには古い情報も多いので詳しい人に聞くのが一番早くて確実です。

お問い合わせいただいた方には最新で正しい情報をお届けします。

また、ご希望される方には通信料の見直すご提案を無料でさせていただきます。

通信費の見直しで年末に◯万円もお得になる急増中!!

(12月~5月ぐらいが繁忙期です)

こんな方は是非ご相談ください。

※子供向けに設定できるか不安

※安くなるのか不安

※どのプランで契約すればいいのか分からない

※LINEモバイル以外の格安SIMを契約したい

※0から教えてほしい!!

などなどキッズ携帯のことなら何でもお気軽にご相談ください。

下記3点をご記入の上メールをください。

blogcontact0416☆gmail.com(☆⇒@に変更ください)

①お名前:  (匿名でも可能)

②メールアドレス:  (間違うとこちらから返信できません。十分確認をお願いします。)

質問内容: (困っている内容を教えてください)


小学校低学年にキッズスマホ(ジュニアスマホ)を持たせる時は「スマホ依存症」のリスクを真っ先に考えてください。どのように対策をすれば良いか分からないという方もいらっしゃると思いますが、スマホで使える時間を制限できる機能がある製品を選ぶことが間違いのない選択になります。

基本的にどのスマホでもアプリをダウンロードすれば対策が可能ですが、数あるスマホの中でもキッズスマホとしてどのスマホよりもオススメなのはツタヤのトーンモバイルです。

今回は、小学校低学年の子供にスマホを持たせる際に考えなければいけないポイントをまとめてみました。一つづつチェックしていけばスマホを子供に持たせる上で必要な意識が身につくようになっています。

①フィルタリングサービスの必要性

フィルタリングサービスとはスマホでアクセス可能なサイトに制限をかけることです。ここでまず知っていただきたいことは、子供がスマホがキッカケで事件に巻き込まれる事案が増えているという事実です。調査で分かっていることは、「事件に巻き込まれた子供が持っていたスマホにはフィルタリングサービスが入っていなかった」という共通のポイントが多くみられることです。

青少年インターネット環境整備法が改正され、18歳未満の子供がスマホの利用者になる場合、フィルタリングサービスの導入が義務づけられました。これによりフィルタリングサービスがかかっていないスマホは減りましたが、注意しなければいけないことがあります。

それは、フィルタリングサービスがうまく機能しているかどうかです。一番多いのが自宅や外出先のWiFi経由でインターネットをする時に自由にインターネットを閲覧できる可能性があることです。フィルタリングサービスには大きく分けて2種類あります。

  1. ネットワーク型フィルタリング
  2. ブラウザ型フィルタリング

キッズスマホに導入しているフィルタリングサービスがネットワーク型しか入っていない場合は注意が必要です。これはWiFi経由でインターネットに接続すると自由にサイトを閲覧できる可能性が高いです。これについての対策はブラウザ型フィルタリングサービスの導入とアプリのインストール制限機能を導入することです。詳しくは下記記事でまとめています。

詳しく知りたい方は是非ご閲覧ください。

おすすめ記事

②機能制限(利用時間含む)の必要性

小学校低学年の子供は夢中になると時間を忘れてスマホに没頭することでしょう。これを親が言葉で制限をかけるには無理があり、親に対する苛立ちが溜まりコミュニケーションがうまくいかないリスクを発生させてしまいます。

こうならならないためにも機能の制限は親ではなくスマホ側で設定してしまうのが一番手っ取り早い方法です。これは、最初からそのような機能があるスマホもありますが、もしお持ちのスマホにそのような機能がなければアプリをダウンロードすれば可能になります。

子供にスマホを持たせる理由は様々だと思いますが、共働きの場合、子供がスマホばかりに夢中になっていないか心配になるご家庭もあると思います。その場合、例えば「月曜~金曜まで〇〇のアプリは15時~18時まで利用できない」という設定をすることが可能になります。

これを機能制限と言います。スマホは手軽に遊べる道具にもなるので夜ベッドで寝ずに遊んで寝不足になるリスクもこの機能を使えば「21時~7時までスマホは使えない」という制限をかけることができるようになります。

機能制限という機能はとても大切です。スマホで制限をかけなければいけないのはインターネットだけではありません。アプリの利用も制限をかけるようにしましょう。アプリはインターネットに繋げなくてもダウンロードしてしまえばいくらでも遊べるものもあります。これは、新規でダウンロードするアプリを保護者の許可がないとダウンロードできないように設定すれば子供がスマホ依存症になるリスクを減らすことができます。

おすすめ記事

③居場所確認の必要性

「子供が今どこで何をしているのか」共働きの場合、目が行き届かない分心配になることも多いと思います。キッズスマホにはGPS機能が備わっている機種がほとんどです。機種を選ぶ際は遠隔でも子供の居場所を確認できるものを選ぶようにしましょう。

子供が家にスマホを忘れてしまえば効果を発揮することができませんので常に身につける習慣をつける訓練から始めた方が良いでしょう。機能制限がかかっているキッズスマホは触っていても面白いものではないため、そもそも持っていこうとしない可能性があります。

おすすめはツタヤのトーンモバイル(TONE)

上記3つの機能が備わっていて、小学校高学年になっても買い換える必要のないスマホはツタヤのトーンモバイル(TONE)です。他のキッズスマホでもこの3つの機能を持たせることはできますが、簡単で低価格なのはトーンモバイルです。

おすすめ記事

まとめ

小学校低学年の方に必要な機能は3つです。

  1. フィルタリングサービス
  2. アプリの機能制限
  3. 子供の居場所確認

この3つの機能が使えるキッズスマホ(ジュニアスマホ)であれば子供の安全を守ることができるスマホと言えます。スマホとの向き合い方は定期的に子供と話し合いをする場を設けることも忘れないでくださいね。
子供向けキッズスマホをご検討中の方へ

当サイトでは格安スマホに関する相談や質問を無料で受付中です。

お金は一切いただいておりませのでご安心ください。

blogcontact0416☆gmail.com(☆⇒@に変更ください)

24時間以内に返信致します。

キッズ携帯、キッズスマホ、ジュニアスマホ、格安SIMのプロにお任せください。

ネットには古い情報も多いので詳しい人に聞くのが一番早くて確実です。

お問い合わせいただいた方には最新で正しい情報をお届けします。

また、ご希望される方には通信料の見直すご提案を無料でさせていただきます。

通信費の見直しで年末に◯万円もお得になる急増中!!

(12月~5月ぐらいが繁忙期です)

こんな方は是非ご相談ください。

※子供向けに設定できるか不安

※安くなるのか不安

※どのプランで契約すればいいのか分からない

※LINEモバイル以外の格安SIMを契約したい

※0から教えてほしい!!

などなどキッズ携帯のことなら何でもお気軽にご相談ください。

下記3点をご記入の上メールをください。

blogcontact0416☆gmail.com(☆⇒@に変更ください)

①お名前:  (匿名でも可能)

②メールアドレス:  (間違うとこちらから返信できません。十分確認をお願いします。)

質問内容: (困っている内容を教えてください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする