ワイモバイルでキッズスマホを契約する前に確認するべきポイント!

子供向けキッズスマホをご検討中の方へ

当サイトでは格安スマホに関する相談や質問を無料で受付中です。

お金は一切いただいておりませのでご安心ください。

blogcontact0416☆gmail.com(☆⇒@に変更ください)

24時間以内に返信致します。

キッズ携帯、キッズスマホ、ジュニアスマホ、格安SIMのプロにお任せください。

ネットには古い情報も多いので詳しい人に聞くのが一番早くて確実です。

お問い合わせいただいた方には最新で正しい情報をお届けします。

また、ご希望される方には通信料の見直すご提案を無料でさせていただきます。

通信費の見直しで年末に◯万円もお得になる急増中!!

(12月~5月ぐらいが繁忙期です)

こんな方は是非ご相談ください。

※子供向けに設定できるか不安

※安くなるのか不安

※どのプランで契約すればいいのか分からない

※LINEモバイル以外の格安SIMを契約したい

※0から教えてほしい!!

などなどキッズ携帯のことなら何でもお気軽にご相談ください。

下記3点をご記入の上メールをください。

blogcontact0416☆gmail.com(☆⇒@に変更ください)

①お名前:  (匿名でも可能)

②メールアドレス:  (間違うとこちらから返信できません。十分確認をお願いします。)

質問内容: (困っている内容を教えてください)

↓今なら1周年記念キャンペーン中↓


ワイモバイルでキッズスマホを契約しようと考えた時に見逃しがちな情報を中心にまとめてみました。最近は子どもが中学・高校の入学時にスマホを持たせる家庭が増えています。

早いご家庭では小学校4年生位からもいますが、現実的なことを考えた時に気になるのはキッズスマホを子どもに持たせ宇時に経済的な負担が増えることではないでしょうか。

大手キャリアと比べると格安スマホでは割安で持つことができることから、ここ2,3年で乗り換える人も増え、子どもに与えるキッズスマホも格安スマホを選ぶ傾向が強くなっています。

それでは「どれぐらい安いのか」まず料金プランから確認していきます。

契約できる料金プランについて

【端末】LUMIERE 503HW
プラン:Sプラン
オプション:なし
キャンペーン:データ容量2倍キャンペーン、ワンキュッパ割
条件:新規契約、ソフトバンク以外からのMNP

【料金プラン】
端末代金:0円(月額割引適用)
月額料金:2,138円
【初期費用】
事務手数料:3,000円
*ワンキュッパ割引は1年間のみ1,000円割引

機種をLUMIEREに選んだのは本体価格が0円で購入できることで選びました。この端末の特徴は大画面で子どもだけでなく大人でも十分に使える大画面ディスプレイでハイスペック端末であることです。

他の格安スマホ業者では中々このクラスの端末を0円で購入できません。

ドコモ、au、ソフトバンクでキッズスマホを持とうとすると月々8,000円位かかってくる料金をワイモバイルであればワンキュッパ割が終わったとしても3,000円台で維持・運用することができてしまいます。キッズスマホを持たせるとしても3,000円位であれば家計にも優しい価格帯だと思います。

料金プランの選び方

ワイモバイルの料金プランはデータ容量の大きさで決まるという分かりやすい料金プランになっています。現在、容量2倍キャンペーンを実施中ですので、下記料金プランのデータ容量は2倍となります。

① スマホSプラン:1GB→2GB 1,980円
② スマホMプラン:3GB→6GB 2,980円
③ スマホLプラン:7GB→14GB 4,980円

子ども向けにおすすめなのは一番格安のSプランです。

子どもに容量の大きいプランを与えるとスマホ依存症が心配だと思いますので1ケ月の容量を考えながらスマホを使用させる方が保護者にとっても子どもにとっても賢い選択だと思います。

とはいっても、2GBもあればYoutubeの動画を視聴するのは毎日5~10位は見れます。自宅に無線LAN環境があれば無制限に視聴できてしまうので注意が必要ですが、LINEやインターネット検索をする程度であれば2GBで十分です。

他社との比較(格安スマホ業者、au)

ワイモバイル以外にも格安スマホ業者あありますが子ども向け格安スマホで代表的なものを選び比較してみました。

ワイモバイル
機種:LUMIERE503W
月額料金:2,138円
特徴:10分電話かけ放題、ハイスペック端末、高速通信、ポケモンGO、ARモード不可

TONE
機種:TONE m15
月額料金:2,241円
特徴:通信速度500~600kbpsで使い放題、ポケモンGO対応、TONEファミリー

楽天モバイル:
機種:ZTE BLADE E01
月額料金:2,380円
特徴:5分電話駈け放題、高速通信 2GB(3日間上限あり)、ポケモンGO、ARモード不可

au:
機種:miraie f
月額料金:6,832円
特徴:高速通信で2GBまで使える ポケモンGO対応

大手キャリアのキッズスマホについて

現在、ドコモ、au、ソフトバンクでキッズスマホを提供しているのはauのみです。

ドコモは以前まで取扱いをしていましたが、現在は取扱っていません。そのため一般向けの端末を購入し、保護者が一般向けのスマホをキッズスマホになるように設定してあげないといけません。

auのみインターネットもメールも安全にできる利用制限機能が付いています。
ただし、月額料金は格安スマホ業者に比べると約3倍の料金となり、割高になってしまいます。

ワイモバイルと格安スマホ業者で比較

ワイモバイルと人気の格安スマホ業者と比較していきます。TONEは子ども向け格安スマホとして有名です。データ速度が500~600kpbsと低速ですが、使い放題であることが特徴です。

高速通信をしたい場合、高速チケットを購入することができるのも特徴です。他にもTONEファミリーという機能もあり親子間のコミュニケーションを増やす様々な機能が満載です。
保護者の方がワイモバイルでなければ、おすすめできる格安スマホ業者です。

詳しくは下記記事で紹介しています。

トーンモバイルの口コミと評判 メリットとデメリットを徹底検証!
楽天モバイルは、通信速度が一番の問題が3日間で上限に達した場合低速になります。子ども向け格安スマホのことを考えた時にスマホ依存症になりにくいという面を考えればとても役立つ機能なのですが、事前にしっかりと理解しておく必要があります。

詳しくは下記記事で紹介しています。

キッズスマホ(ジュニアスマホ)を楽天モバイルで使いたい場合、速度制限がポイント!

ワイモバイルは0円で購入できる端末でもハイスペックで容量も2GBあるのでネットを十分に楽しむことができます。動画は1日5分程度しか見れないのでスマホ依存症のリスクも抑えることができます。そして、通話も10分間を毎月300回まで無料ということが一番の特徴です。

家族割で毎月500円お得!副回線も!

保護者の方がワイモバイルであればお子様もワイモバイルにすれば毎月500円割引きされます。

500円×24ケ月=12,000円の節約は大きいですね。

まとめ

ワイモバイルでキッズスマホを契約する前に確認するべきポイントを紹介してきました。

格安スマホ業者でもプランをしっかりと確認しておかないと契約してから後悔してしまいます。

ワイモバイルは端末、機能、料金のバランスがとても良く、何よりも経済的な負担が少ないことが嬉しいですね。

子供向けキッズスマホをご検討中の方へ

当サイトでは格安スマホに関する相談や質問を無料で受付中です。

お金は一切いただいておりませのでご安心ください。

blogcontact0416☆gmail.com(☆⇒@に変更ください)

24時間以内に返信致します。

キッズ携帯、キッズスマホ、ジュニアスマホ、格安SIMのプロにお任せください。

ネットには古い情報も多いので詳しい人に聞くのが一番早くて確実です。

お問い合わせいただいた方には最新で正しい情報をお届けします。

また、ご希望される方には通信料の見直すご提案を無料でさせていただきます。

通信費の見直しで年末に◯万円もお得になる急増中!!

(12月~5月ぐらいが繁忙期です)

こんな方は是非ご相談ください。

※子供向けに設定できるか不安

※安くなるのか不安

※どのプランで契約すればいいのか分からない

※LINEモバイル以外の格安SIMを契約したい

※0から教えてほしい!!

などなどキッズ携帯のことなら何でもお気軽にご相談ください。

下記3点をご記入の上メールをください。

blogcontact0416☆gmail.com(☆⇒@に変更ください)

①お名前:  (匿名でも可能)

②メールアドレス:  (間違うとこちらから返信できません。十分確認をお願いします。)

質問内容: (困っている内容を教えてください)

↓今なら1周年記念キャンペーン中↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする