操作方法

windows 10 で電源とスリープの設定を変更します【ネットワーク接続を常時・デフォルト・初期設定・スリープがない・効かない】

windows 10 で電源とスリープの設定を変更します【ネットワーク接続を常時・デフォルト・初期設定・スリープがない・効かない】

windows 10では、左下のボタンから電源オフしたりスリープモードにしたりできます。

 

ここでは、windows 10でスリープ設定をしたい場合、スリープがない時はどうすればいいか、クリックしても効かない時の対処法や必要な初期設定、デフォルトでどうなっているのかなどについてご紹介していきます。

 

windows 10で電源とスリープの設定を変更します

 

windows 10を使っていれば、

 

  • スリープ
  • シャットダウン
  • 再起動
  • 休止

 

の設定ができます。

 

どの項目もスタートボタンを押すと出てきて選べばそのモードになります。

 

しかし、正式な手順としては次のようになります。

 

  1. スタートボタンをクリック
  2. 設定
  3. システム
  4. 「電源とスリープ」を選択

 

 

省電力の設定もできます。

 

「電源の追加設定」という項目から、デバイスによる電源の使用方法を変更するのです。

 

 

省電力にしておけば、一定の時間がたつと勝手にスリープモードになり、余計な電力消費を防げます。

 

windows 10のスリープ時のネットワーク接続を常時の意味って何?

 

 

  1. windows 10の設定
  2. 電源とスリープ
  3. 「ネットワークの接続を常時」

 

という設定にできるわけですが、これは何のためかというと、スリープ状態の時、ネットワーク接続が勝手に切れないようにする目的です。

 

インターネットに接続するには電力が必要です。

 

しかしながら、バッテリー消費が激しいパソコンは、スリープモードにした時自動的に切断してしまうことがあります。

 

パソコンユーザーとしては、スリープモードを解除してもネットに接続していてほしい…という人が大半でしょう。

 

そのためwindows 10の設定では、ネットワーク接続を常時or切断するか選択できるようにしています。

 

 

windows10でスリープがない時

 

windows10を使っていれば、デフォルトで「スリープ」の項目が表示されるはずです。

 

本来なら初期設定でスリープが表示されているはずが、スリープがない時は、非表示になっている可能性があります。

 

スリープのボタンはデスクトップにそのままポン!

 

と表示されているわけではなく、自分でスタートボタンをクリックして電源オプションを表示しなければ、「スリープ」という項目は出てきません。

 

そのため手動で操作が必要なのです。

 

この操作をしなければ「スリープボタンがない!」ということになるので、あらかじめ

確認しておきましょう。

 

スリープという選択肢にチェックを入れればスリープモードになるでしょう。

 

スリープが効かない時

 

windows10を使っていてもスリープが効かない時、困ってしまうでしょう。スリープが効かない時は、そもそもスリープ設定に対応しているかどうか確認しましょう。

 

  • 左下の田マークを右クリックする
  • winndows power shellをクリック
  • ユーザーアカウント制御が表示される
  • 「はい」を選択
  • エンター

 

 

上記の手順を踏むと、あなたのお使いのパソコンがスリープ設定に対応しているか確認できます。

 

スタンバイと表示されたなら、スリープに対応しているものの電源メニューにスリープの項目がないということです。

 

旧バージョンのパソコンを使っていると、マザーボードがスリープに対応しておらず、効かないことがあります。

 

マザーモードの設定に問題がある場合と、マザーモード自体の不具合によってスリープが表示されていない可能性があります。

 

メーカーもののパソコンを使っているなら、ほかのメーカーへの交換も検討しつつ、スリープモードの設定方法について問い合わせてみましょう。

-操作方法

Copyright© キッズ携帯・キッズスマホ・ジュニアスマホの比較『3人の子育て中ママの辛口ブログ』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.