未分類

レポート 書き方【英語の見本・構成のテンプレート・会社・大学の例・実験・中学・社会人・看護】

レポート 書き方【英語の見本・構成のテンプレート・会社・大学の例・実験・中学・社会人・看護】

レポートの書き方がわからなくて悩む学生さんは多いでしょう。

 

しかし、レポート作成に文学的な感性や才能は不要です。

 

小説を書くのとは違うため、そこまで難しく考える必要はありません。

テーマに基づき、正確な情報を収集していけば、あとは基本の構成に従って情報をまとめていけばいいだけです。

 

盗作はいけませんが、自分の言葉で書いていき、最後に結論や感想を書くといいでしょう。

レポートには、見本や構成のテンプレートがあります。

 

それらを活用して作成するのもおすすめです。

 

レポートを書くといったら、中学生や大学生のイメージがあるかもしれません。

ですが、社会人になってもレポートは出てきます。

 

例えば看護師の研修や実習の時、研究者の実験報告としてのレポートなどあるでしょう。

会社員でもレポートを書く機会はあります。

 

レポートを書くのが得意であれば、あまりストレスにならず有利ですね。

レポートの書き方がわからず戸惑う人も、テンプレートや見本を参考にしましょう。

 

レポートの構成のテンプレート

 

レポートを書くにあたり、フォーマットがあったほうが書きやすい!というあなた。

 

webサイトには、レポートの構成のテンプレートが豊富です。

 

あなたが書きやすい構成をダウンロードして活用するのもいいでしょう。

 

例えばこちらです。

 

https://ibooks-japan.com/5.html

 

ワードのテンプレートがダウンロードできます。

 

英語の見本

 

英語で書いたレポートが求められることもあるでしょう。

その場合、英語の見本を参考にすると書きやすいです。

 

http://www.tufs.ac.jp/blog/is/g/sodan/structure_eng.pdf

英語のレポートでは、使うべきでない接続詞や表現があります。

 

英語の見本を見れば、レポートで使う言い回しには、どのような単語を使えばいいかも見えてくるでしょう。

 

英語には、幅広い意味に使えて便利な単語がありますが、論文に使うのはあまりおすすめできません。

 

例えば下記のような定番の単語です。

 

  • like
  • have
  • do
  • make
  • get
  • give
  • put
  • take

 

です。

 

これらは英語の日常会話にはよく登場してきますし、さまざまなシーンで使えて便利です。

しかしレポートでは、具体的でお堅い単語が好まれます。

 

一つの単語よりイディオムになっているのもいいでしょう。

 

例えば…

 

  • obtain
  • take off
  • remove

 

などです。

文章があいまいに聞こえないような、確実で明確な英語表現が好まれます。

 

レポート作成を求める目的とは?

 

大学生や社会人になると、レポートを求められる機会は増えることが多いです。

レポートが苦手な学生さんや大人にとっては、煩わしい宿題のように感じるでしょう。

 

しかし、レポート作成を出している会社や学校側は、わざと苦しめるために出しているわけではありません。

 

きちんと立派な理由があるのです。

 

  • 授業や研修を受けて、その内容を理解したか?
  • 学んだ情報を論理的に説明できるか?

 

といったことをチェックし、評価するためです。

 

レポートの読み手は、読めば書き手がどのくらい理解しているかが客観的にわかります。

これが評価への判断材料になるのですね。

 

レポートで評価されること

 

レポートで評価の対象となることは、下記の3つです。

 

  • テーマに沿っているか?
  • 論理的に書けているか?
  • 客観的であるか?

 

このポイントをいかにクリアできるかは、書き方のうまい、下手ではなく実は情報収集です。

 

いかに正しく、有力な情報を集めるかといったことが、レポートの完成度に繋がります。

 

だから情報のリソースはとても大切です。

-未分類

Copyright© キッズ携帯・キッズスマホ・ジュニアスマホの比較『3人の子育て中ママの辛口ブログ』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.