iphone5s,6 ソフトバンク回線で使える格安スマホ!b-mobileが新登場!

今までお使いのキャリアがソフトバンクユーザーの方は格安スマホに乗り換えたい場合、「SIMロック」が一番の課題でしたが、ようやくソフトバンク回線の格安スマホ「b-mobile」が登場しました。

SIMロック解除機能を持つスマホは発売が2015年5月以降の端末だけでしたので、iphone5sやiphone6を持っているユーザーの方はワイモバイルに乗り換える以外に選択肢がありませんでした。

それでは、新登場の「b-mobile」について詳しく中身を見ていきましょう!

ソフトバンク回線が出遅れているのは接続料の問題

格安スマホはドコモ回線の場合がほとんどで、au回線はごく一部の業者が取扱っているのが今の格安スマホ業界の現状です。これは、格安スマホ業者がドコモ回線を選んでいるから多いのですが、ドコモ回線を選ぶ理由は回線の接続料が安いからです。

ドコモの次に安いのがauとなり、一番接続料が高いのはソフトバンクです。

格安スマホは毎月の料金をキャリアよりも安くできることを売りにしているのでなるべく回線の接続料を安いところにしたいと考えた結果、ほとんどの格安スマホ業者はドコモを選んでいます。

回線の接続料が高いソフトバンクはどこの会社も見向きもしなかったということでしょう。

しかし、2017年3月にソフトバンクは接続料を下げたことで格安スマホ業者はソフトバンクの回線を借りてサービスを開始し始めたということが「b-mobile」のソフトバンク回線
が生まれた経緯となります。

ソフトバンク回線が使えるのは2017年4月現在、b-mobileのみです。今後、ソフトバンク回線の接続料金が安くなればソフトバンク回線の格安スマホ業者が増えてくる可能性はありますが、今のところ大きな動きは見られません。

*例外*
ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドの会社でソフトバンク回線を使用していましす。

ソフトバンク回線のb-mobileSの料金プラン

開幕SIM 1GB 880円  1GB/月
開幕SIM 3GB 1,580円 3GB/月
開幕SIM 7GB 2,980円  7GB/月
開幕SIM 30GB 4,980円 30GB/月

この容量の分け方を見るとライトユーザー~ヘビーユーザーまで選べるプランになっているのは好印象です。格安スマホの平均的なデータ通信容量は3GBと言われていますので
「開幕SIM 3GB」の1,580円プランが標準的なプランと思います。

音声通話 なし SMSオプション なし

2017年4月現在は「データ通信専用SIM」のため音声通話SIMやSNSオプションはありません。

そう考えると、上記で参照したプランはデータ通信のみと考えた場合、割高になってしまいます。

「開幕SIM」なだけにまだ始まったばかりのサービスに期待しすぎてもいけないかもしれないですね。唯一のメリットは選択肢が増えただけしか思いつきませんでした。

iphone5以降のモデルが使える

ソフトバンクでSIMロック解除の対象機種ではないiphone5以降のモデルはワイモバイルとU-mobileのみでしたが、そこに今回b-mobileも選択肢に加わったというだけです。

メリットが発見でき次第追記します。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする