【ヤマダニューモバイル】プラン内容/メリット/デメリットを徹底検証!

2017年4月1日、遂にヤマダ電機の「YAMADA SIM」から「ヤマダニューモバイル」と名前を変え格安スマホをフルリニューアルしました。ヤマダ電機といえば、家電量販店で有名ですが、格安スマホ市場へ更に注力していっています。

サービス開始は4月1日からで、ヤマダニューモバイル公式サイトにて申し込み受付中です↓

■参考:https://ynmobile.jp/

ヤマダニューモバイルのサービス内容は、キャリアスマホから格安スマホに乗り換えを検討しているけど、身近に相談できる人がいないと考えている方は気軽に相談できるだけでも大きなメリットだと考えます。

これは格安スマホ市場にとってどういったインパクトを与えるのかが気になるところです。

では、そんなヤマダニューモバイルのサービス内容およびメリット、デメリットを詳しく見ていきましょう!

ヤマダニューモバイルの料金プラン

ヤマダニューモバイルには通話機能付きSIM、データ通信専用SIM(SMSあり)データ通信専用(SMSなし)の3パターンに速度と通信容量によってプランが構成されています。

シングルプランならネットもSMSも通話もできて1,250円~で利用できることが特徴です。

スマホでゲームや動画を見ないけどスマホにしたいという方にはとってもお得なプランです。

200kpbsの速度であればラインのテキストのやり取りであれば問題なくできる速度と言えるでしょう。音声通話は雑音などが入りやすくなるためビジネス用途ではNGですね。

通信制限なしで月額1250円~というのは数ある格安スマホの中でもトップクラスの安さです。とは言ってもネットで使う用途は限られてしまいますが非常にお得感があると思います。

(200kpbsの速度では動画はスムーズに見ることが難しい・・・)

ちなみにデータSIMなら月額525円、SMS付きで645円という価格になっています。

ヤマダニューモバイルの「通話機能付きSIM」には次のプランが用意されています。

3.3GB・・・1,600円

5.3GB・・・2,150円

10.3GB・・・2,960円

20.3GB・・・4,750円

30.3GB・・・6,150円

料金プラン自体は低価格ではあるものの、相場より100円~200円高いですが、実店舗が身近にある格安スマホ業者と考えれば安いと思います。

ヤマダニューモバイルのメリットは?

ヤマダニューモバイルのメリットは下記となります。

1.シングルプラン~10GBまでプランが豊富

2.余ったデータ容量は繰り越せる

3.ヤマダ電機のポイントが貯まる

4.繰り越したデータ容量をシェアできる

ヤマダニューモバイルは中容量~大容量までプランが豊富なので、ミドル~ヘビーユーザー向けの格安SIMですが、ほとんどネットを使わないユーザーにはシングルプランが用意されているので単純にネットをほぼ使わないので安いスマホに乗り換えたいという方にとってもオススメです。

ヤマダニューモバイルのデメリットは?

大手キャリアからヤマダニューモバイルに乗り換える上でのデメリットはいくつかあります。

1.通信速度が大手キャリアより落ちることがある

2.キャリアメールが使えなくなる

3.かけ放題が使えなく成る

4.大手キャリアを解約する際に違約金がかかる

5.ヤマダニューモバイルの契約手数料がかかる

6.MNPすると手数料がかかる

7.1年縛り&解約すると違約金が発生する

ヤマダニューモバイルのサービス内容まとめ

ヤマダニューモバイルのサービス詳細・メリット・デメリットのまとめでした。

シングルプランの通話機能付きSIMは1,250円と業界トップクラスの安さが特徴です。身近にあるヤマダ電機で相談できるのが何よりもの魅力ではないでしょうか。

ただし、メリットだけではなくデメリットもありますので、しっかりと考慮した上でヤマダニューモバイルに申し込むようにしましょう!

ヤマダニューモバイルの公式サイトは下記からどうぞ。

https://ynmobile.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする