格安スマホに乗り換えは「白ロム」と「SIMとセット端末」どっちがおすすめ?

格安スマホのことをネットで調べているとよく出てくるキーワードが「白ロム」です。「白ロム」とは残債が残っていないキャリア端末のことを言います。いわゆる中古端末です。

乗り換えを検討されている方は知っておいて損のない知識ですので是非ご確認ください。

「白ロム」はAmazonや中古端末専門店では、ほぼ新品のような商品も出品されている場合も多く、ハイスペック機種を割安な価格で購入できることが特徴です。この白ロムに格安スマホ会社で契約したSIMカードを挿すことでスマホが使えるようになります。

注意点としては、メルカリ、ラクマ、ヤフオクなど個人が出品している白ロムの中には残債が残っている「白ロム」ではなく「赤ロム」の場合があります。白ロムをオークションやフリマアプリなどで購入する場合は、しっかりと質問・確認をして購入されることをオススメします。

今回は格安スマホ会社でSIMを契約する場合、白ロムを購入した方が良いのか、セット端末で格安スマホを購入した方が良いのか、それぞれのメリット・デメリットについての紹介をします。

白ロムを選ぶメリットとデメリット

メリット

白ロムのメリットは「安い」「色々な端末を選べる」「トラブルなど情報が出そろっている」の三つです。
一番のメリットはやはり安いという事です。人気や販売年などによって金額は変わります、定価の三分の二から半額、古い物であれば数百円で購入できる物もあります。
そして、中古携帯市場では古い物から珍しい物まで幅広く販売されているので人気商品からマイナー商品、新しい物から古い物まで幅広い機種を選べます。

大手キャリアや格安SIMのセット販売はある程度新しい端末になってしまいますから、選択肢が広いのも一つのメリットになるのです。
また、新しい機種では不具合が発生する事もありますが、多少古い白ロムであればそう言った問題をネットなどで確認したうえでトラブルがある機種を避けて購入する事が出来るというメリットもあります。

デメリット

白ロムのデメリットとして一番大きいのは「リスク」の問題です。
赤ロムの問題は元より、故障や水没の際に修理対応してくれる店が少ない、トラブルがあった時相談する方法がネットしかないなど新品よりもリスクが高い買い物となりやすいのです。
この対策として赤ロムの保証をする販売店や、白ロムでもはいれる修理補償を提供する格安SIMなどもあるので心配な方はこういったサービスを利用しましょう。
こういった保証がない場合はリスクを踏まえた上で、失敗しても良い金額で購入する事をおすすめします。
もう一点のデメリットとしては、人気機種や最新機種などはそこまで安くならないのでお手頃な価格の商品を購入したい場合、性能が低い型落ち品を購入する事になるという事です。
ただ高いと言っても新品よりは安いですし、人気機種であれば値段が下がりにくいので売る時には高い値段での売却が期待できます。

白ロムを購入しSIMのみ契約する方法

格安SIMではSIMのみの契約の方が簡単です。
一番多い方法は格安SIMのホームページにアクセスして申し込みフォームから指示に従いながら申し込むネット申し込みです。その他の方法としてはSIMカードやエントリーコードが入っているパッケージ版を店頭やネット通販などで購入する方法があります。
白ロムならではの注意点として「回線」と「SIMカードの規格」をしっかりと確認する事が上げられます。
格安SIM、正確にはMVNOは大手三社から回線を借りて自社のサービスを提供しています。
ですから大手キャリア販売の白ロムを使う場合、自分が使う格安SIMがどこの会社から回線を借りているかを確認し、その会社の白ロムと合わせるようにしましょう。
多くの格安SIMはドコモを回線を利用しており、一部にauとソフトバンクの回線を利用した会社があるといった感じです。
もう一つのSIMカードの規格ですが、現在SIMカードには3つのサイズがあり携帯によって利用するSIMカードのサイズは違います。自分が使う白ロムにあったSIMカードを選ぶようにしましょう。
この二点さえおけば、公式ホームページのアナウンスに従うだけで簡単に契約する事が出来ます。

SIMと格安スマホのセット端末を選ぶメリットとデメリット

メリット

格安SIM会社でSIMと格安スマホをセットで購入するメリットはスマホとSIMの相性を気にしなくてもいいことです。契約~開通までの手続きも一括で行えるため最も手軽に格安スマホに乗り換えができるパターンとなります。端末価格を分割払いで購入することもメリットとなります。

デメリット

セット端末のラインナップから機種を選ばないといけないので好みの端末がない場合があることです。白ロム端末と価格を比べた時に高い傾向があります。

まとめ

白ロムはある程度知識がある人でないと難しいかもしれません。格安スマホに乗り換えることが不安な方はSIMと格安スマホのセット販売で購入した方が無難に乗り換えができると思います。ずるずると高いスマホ料金を払い続けるのはもったいない話なのでサクッと乗り換えができる方法を選択した方が節約に繋がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする