格安スマホに乗り換えは「ガラケーとスマホの2台持ち」がお得?

現在、au、docomo、ソフトバンクのスマホを使用されている方で、格安スマホの乗り換えを考えている方は多いと思います。

私は、auを使用していますが、結局auのガラケーと格安スマホのデータsimプランが最もお得であると考えて2個持ちを選びました。

ガラケーとスマホの2台持ちについて

まず、3Gガラケーの料金については月々934円で、ここに無料通話が更に1000円分つきます。更に、auでは家族間の通話が無料になります。

私は家族間の通話が割と多い方だったので、格安スマホ1個持ちよりもauケータイを残す方が通話料金の面から考えてメリットがあると考えて2個持ちを選びました。
au同士であれば指定割に申し込むことで通話代金を半額にすることもできます。

格安スマホの電話かけ放題サービスについて

格安スマホでは月額850円程度で5分通話無料のサービスを行っているところもおおいですが、それでは月々の携帯代が2000円超えてしまうことも多いと思います。私の場合は2個持ちの場合で月々2000円を超えることはめったにありません。
また、私自身最近は滅多に使用し無くなりましたが、キャリアメールを今も頻繁に使用されている方にとってはメールアドレスをそのまま残せるというメリットもあります。

アドレス変更の連絡の手間を省くことができます。もちろんキャリアメールを使用しないという方は解約して300円を節約することも可能です。

更に5分以上の通話が多いという方は、ガラケーであっても3大キャリア特有のかけ放題プランに申し込むことが可能です。
この場合、月々の契約料金は2200円(ドコモの場合は2700円)になりますが、同一キャリア同士のみならず、他社の携帯電話、固定電話にも無料で通話ができます。

格安スマホと合わせても、契約データ通信量にもよりますが最安3000円程度で通話し放題にすることも可能です。通話が非常に多い方にとっては圧倒的にメリットがあるといえます。

3Gガラケーの購入方法<キャリア以外>

3Gガラケー自体持っていないし、店舗でも購入できないと考えている方も多いと思いますが、amazonなどで中古端末が2,000円程度で売っています。
私自身もamazonで3Gのガラケーを購入して店舗に購入したauスマホとauガラケーを持ちこみましたが、トラブルもなく嫌な顔もされずに簡単に機種変更手続きを行ってくれます。

このように、通話が多いが、日々の携帯代金を節約したいという方にとってはガラケーと格安スマホの2個持ちは非常にお得ですので是非ご検討ください。

まとめ

電話を多くかける方はスマホ一台ではなく、「ガラケー」と「スマホ」の組み合わせが一番節約できる事例を紹介しました。

料金は節約できますが、いつも2台持ち運びしなくてはいけない点、充電管理も行わなければいけないということはデメリットにもなってしまいます。

上手く運用できれば料金面が安いという恩恵を受けることができる考え方ですので通話が多い方は「ガラケー」と「スマホ」の2台持ちを検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする