格安スマホに乗り換え|フリーテル(FREETEL)のデメリットと評判【突撃取材】

キャリアから格安スマホに乗り換えを検討する際に気になるのは実際に使っている人の口コミや評判だと思います。公式サイトには良いことしか掲載されていませんので中々分かりづらいデメリットや評判を実際に使っている方に突撃取材した内容をお届けします。

今回はフリーテル(FREETEL)をデータ専用でご使用されている方に取材しました。

それではごゆっくりお読みください。

【取材対象】Yさん(30代前半女性)

格安スマホ会社:FREETEL
購入年月:2016年1月
機種:SH-06E
プラン:使った分だけ安心プラン(ドコモ回線)データ専用

フリーテル(FREETEL)のデメリット

フリーテルを選ぶ前の情報収集をしている段階でネックとなったのは”まだサービスを始めたばかりの会社”という点です。

フリーテルを契約する前にいろいろ調べてみたところ
・運営会社が信頼できるか怖い
・スピードテスト結果を操作しているのではないか?
という声が上がっていました。

しかし、実際のところ契約してみて次のようなデメリットを感じました。

低速スピードが遅い

フリーテルは速さの速度を切替えられる”低速モード”を採用しています。
しかし、低速モードが時間帯によってはイライラすることが多いです。
夜中になると低速モードでの閲覧が、ほぼ出来ません。
イライラしてしまい途中でネットサーフィンを止めてしまうレベルです。

低速モードの使用は日中はまだ良いのですが、低速モードを導入しているならそれなりにスピードを出してほしいなぁというのが正直な感想です。

低速モードから通常速度に切り替えようとしても、速度切り替えページへのアクセスができなかったときはさすがに参りました。

キャンペーンを打ち出しすぎ

既存ユーザーが損したなと思うキャンペーンを出すことがあります。
現在(2017/05/06)フリーテルではデータ増量キャンペーンを行っています。
・3GBの料金で5GB分使える
・5GBの料金で7GB使える
といった内容です。

新規のユーザー獲得のためには、目立つ企画を打ち出すのは仕方がないとは思いますが
やりすぎは既存ユーザーをないがしろにしているように思えてなりません。

フリーテルを使ってみた感想

口コミでは悪い噂が目立ちましたが、実際のところフリーテルは安定して使えました。
これより前に、別の会社の格安SIMを使っていたのですが
「さっさと乗り換えればよかった」と早い段階で思いました。

使っているプランの紹介

現在私が使っているのは使った分だけ安心プラン。

・自宅にWi-Fiの回線を持っている
・仕事によって全くスマホをさわれないときがある
・使うときと使わないときの差が激しい

という3つの条件があったのでセレクトしました。
自分がスマホにさわれない間は余計な通信をしてほしくないので、モバイルデータ通信の設定をオフにしています。

フリーテルはこんな人におすすめ

フリーテルは定額プランと使った分だけプランの2種類から選べるのが魅力的です。
フィーチャーフォンユーザーでメールぐらいしか使わなかった。
しかし、LINEには興味があるからスマホを持ってみたい。
そんな人へ「使った分だけプラン」は特におすすめしたいです。

メリット・デメリットまとめ

フリーテルは悪い声もあるのが事実ですが、満足しています。
フリーテルは月に2回「ダブル増速マラソン」と題して回線増速も行っており、顧客満足度を上げるために頑張っていると感じます。

口コミでは悪い評価が目立ちましたが、実際のところこれからも契約したいなと思う格安SIM会社です。フリーテルにしてよかったなと思います。

総括

今回は、フリーテルを実際に使っている方が感じたデメリットと評判について掲載しました。

キャリアから格安スマホに乗り換えを検討する際に実際にどうなんだろう?と思った方へ生の声をお届けできましたでしょうか。

格安スマホに乗り換える最大のメリットは毎月の料金が安くなることです。

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする